GAMMA RAY / Empire of the Undead

GAMMA RAY / Empire of the Undead

GAMMA RAY / Empire of the Undead
Release : 2014
Label : Earmusic

所有スタジオの全焼を乗り越えて制作された GAMMA RAY の 11th アルバム。


Rebellion in Dreamland を彷彿させるドラマチックな展開の #1. Avalon,普遍的ジャーマン・メタル #2. HellbentMichael Ehré の書いた GAMMA RAY らしい #3. Pale Rider,Henjo 作曲のポップ & キャッチーな #4. Born to FlySend Me a Sign + I Want Out#5. Master of Confusion,初期の HELLOWEEN っぽい #7. Empire of the UndeadQUEEN / We are the Champions に激似の #7. Time for Deliverance,Henjo の十八番の The Winged Horse タイプの疾走曲 #10. I Will Return

アルバム構成はここ数作と同様 Kai の曲をメインに他のメンバーが 1,2曲づつアクセントを加えてる形式。Dan Zimmermann (Ds) の脱退はアルバムを聴く限りは感じられない。Michael Ehré も曲がかけるし、むしろ彼が新鮮な風を運んでいるのかもしれない。しかし、今更だが Henjo の曲はもはやバンドに欠かせないものになっていると実感した。そして、個人的にも Kai の曲よりも Henjo の曲を楽しみにしている自分がいることも…。

評価:85


Links of Uranus
Sort
Bands

979 Reviews in Total
Top